椎間板ヘルニアに効果的なPLDD

椎間板ヘルニアの治療の中でも、「体に負担の少ない」「傷口も殆ど残らない」「日帰り手術」として注目を浴びている治療方法がPLDDです。
従来の手術方法に比べて、患者さんの肉体的、精神的負担が少なく、画期的な治療法ですが、PLDD法の認知度はその効果に比べてまだまだ低いといえます。 PLDDには、適応・不適応もあり、確かな診断と経験豊かな医師の技術が必要です。
PLDDの効果や特徴など、正しい情報の上、治療を検討してください。

ますます、注目されるPLDDについて

PLDDは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの略で、日本語にすると「経皮的レーザー椎間板髄核減圧術」といいます。

  • Percutaneous 【経皮】
  • Laser 【レーザー】
  • Disc 【椎間板】
  • Decompression 【減圧】

PLDDは、レーザーによる組織蒸散という方法を利用しています。椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間にある椎間板が、押し出されてはみ出てしまった状態を言います。このはみ出た部分を引っ込めるために、椎間板そのものに針を刺して、そこからレーザーを放出させます。
すると椎間板の中に、小さな空洞ができるのです。その空洞をなくすために、椎間板が萎縮します。それにより、はみ出ていた出っ張りがなくなってしまうのです。これがPLDD治療の仕組みです。
簡単に説明すると、局所麻酔を打ち、背中から針を通してレーザーをちょっぴり照射するだけなのです。もちろん、どのくらいの強さで、どのくらいの長さレーザーを照射すればいいのか、的確に問題のある椎間板に針を通すことができるか、といった熟練の腕は必要です。しかし患者さんにかかる負担は、切開手術の比ではないのです。

不安を解消しながら、効果的に。

手術と聞くと外科、内科、大小を問わず誰もが不安になります。それは麻酔や出血、切開など様々な要素がその原因といえます。PLDDではそんな不安から解消され、さらに多くのメリットがあります。 私たちは切開による手術を否定するわけではありません。患者さんの治療と解決、その過程をふまえ、私たちはベストな選択としてPLDDを採用しております。実際多くの方に、永きにわたる苦しみから解放されたと、感謝の言葉をいただいております。もし、PLDDに関して、診察や症状に関して疑問や不安がございましたら、どんな些細なことでもお尋ねください。腰痛、首肩痛の症状は人によって様々です。

患者さんにとって一番効果的な、かつ最善の治療の道を一緒に歩むことを私たちは心がけています。