5.ヘルニアの箇所とそれぞれの症状

腰椎椎間板ヘルニアは椎骨と椎骨の間の椎間板の中央にある髄核がその周囲の繊維輪の裂け目から飛び出し、神経を刺激して、腰や下肢に痛みや痺れを感じます。どの部分の椎間板がつぶれているかによって、腰痛の症状は異なります。

5つの椎骨からなる腰椎は、上から、第1腰椎、第2腰椎、第3腰椎、第4腰椎、第5腰椎、そしてその下仙骨には仙椎(SALCUS)と名前がつけられています。腰椎の間の椎間板は、英語でLUMBERなので、その頭文字を取って、第1腰椎と第2腰椎の間のものならL1/2、3と4の間にあるものならL3/4と呼ばれています。一方、第5腰椎と仙骨の間にある椎間板は、L5/Sと呼ばれます。

L1/2の椎間板ヘルニア

腰の上あたりに痛みが出ることが多いです。

L2/3の椎間板ヘルニア

足の付け根やそけい部が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。

L3/4の椎間板ヘルニア

太ももの前の部分が痛んだり、だるくなったり、ときにはしびれたりします。

L4/5のヘルニア

腰痛の中で、圧倒的に多いのがこの部分です。骨は、下にあるほど重力がかかりますから、痛みやすいのです。その上、腰を曲げることがこの部分になるため、圧力がかかりやすく、症状としては、おしりから太ももの横、膝の下や、外側のすねが痛んだりしびれたりします。

L4/5のヘルニア

L5/Sの椎間板ヘルニア

おしりの真ん中、太ももの裏、ふくらはぎ、かかとから足の裏、足の小指がしびれたり痛んだりします。アキレス腱の反射が弱くなり、つま先歩きができなくなります。

ただし、腰椎椎間板ヘルニアであっても、足の症状が出ない方もおられます。腰椎椎間板ヘルニアの進行により、症状が変化しますので、ご注意ください。

L5/5Sの椎間板ヘルニア
COLUMN:04なぜ足にくるのか?腰椎椎間板ヘルニアと足の痺れ 腰の痛み痺れの
原因について
TOP
COLUMN:06腰の痛みと足の痺れがきたら…自分でできる診断方法